Streams

はじめに

Streamsとは?

HLAEの最大の機能ともいえる、メインの機能です.
録画自体の設定、各種映像に関する設定が行えます.

注意事項

2016年2月のCS:GOアップデートで一部機能が制限されてしまいました.
細かく設定するのが少し大変になりましたが、アップデートコンフィグのお陰で機能自体は使えます.

ただし少しくせがあるので、慣れるまで注意です.

mirv_streams record

まずは録画機能を設定しましょう.
この機能を設定してしまうとCS:GOの初期録画機能の startmovie は残念ながら不必要となります.

mirv_streams record name folder_name
この設定をしておくと、録画した連番画像が指定したフォルダに保存されます.
streams_record_name
startmovieと違ってフォルダ分けしてくれるので、整理されて出力されます.
これだけでもメリットではないでしょうか.

録画したフォルダは Steam->Counter-Strike... の中に配置されます.

streams設定

2月のアップデート以来、Streamsの追加機能
mirv_streams add
が上手く動作しなくなったので、ダウンロードしたHLAEの中にある updateWorkaround.cfg を改変して使います.
hlae -> resources -> AfxHookSource -> assets -> csgo -> cfg -> afx
初期では上記のパスに入っています.

通常出力

通常出力とは、startmovieと変わらない画面設定のことです.
被写界深度やグリーンなど、様々な設定ができますが通常のものがないと合成できません.

mirv_streams add normal Normal_name
僕の環境下だけかもしれませんが、何故かnormalだけはadd機能で追加することができます.
また、streamsはいくつでも追加できますし、設定も個別に変更が可能です.

HUDの録画設定を
mirv_streams edit Normal_name drawHud 0 / 1 デフォルトは 0
1でON、0でOFF
0の場合はHUDがすべて録画されません、スナイパーのスコープもです.
POVで右側にインベントリが出てしまう、という場合でももちろん録画されないのでPOV録画時に重宝します.
その代わりキルログも表示されません.

ビューモデルの録画設定
mirv_streams edit Normal_name drawViewModel 0 / 1 デフォルトは 1
こちらも同様.
ビューモデルは基本出しておいたほうがいいと思うので、いじらなくてもいいかもしれませんね.

被写界深度

updateWorkaround.cfgを読み込むと myDepth / myDepthWorld として設定されます.
Depthのほうは通常画面と同じで、武器やキャラクターも表示されます.
MyDepthWorldは、マップのみ出力.

設定を変更する場合はコンフィグに書き込んでおきましょう.

録画設定を変更する場合
mirv_streams edit myDepth record 0
これでmyDepthが録画されなくなります.

それぞれの設定を変更する場合
mirv_streams edit myDepth 設定内容
updateWorkaround.cfgの中身を見て、色々設定してみましょう.

グリーンバック

こちらもupdateWorkaround.cfgを読み込むと自動でmyMatte / myWorldが生成されます.
被写界深度と同様、myMatteはマップ以外すべてを表示.
myWorldは逆にマップのみを表示してくれます.

こちらも任意で設定を変更しましょう.
ちなみに僕の場合は、グリーンでキルログを表示しています.

その場合の設定は以下
mirv_streams add baseFx log

mirv_streams edit log clientEffectTexturesAction noDraw
mirv_streams edit log worldTexturesAction noDraw
mirv_streams edit log skyBoxTexturesAction noDraw
mirv_streams edit log staticPropTexturesAction noDraw
mirv_streams edit log cableAction noDraw
mirv_streams edit log playerModelsAction noDraw
mirv_streams edit log weaponModelsAction noDraw
mirv_streams edit log statTrakAction noDraw
mirv_streams edit log shellModelsAction noDraw
mirv_streams edit log otherModelsAction noDraw
mirv_streams edit log decalTexturesAction noDraw
mirv_streams edit log effectsAction noDraw
mirv_streams edit log shellParticleAction noDraw
mirv_streams edit log otherParticleAction noDraw
mirv_streams edit log stickerAction noDraw
mirv_streams edit log errorMaterialAction noDraw
mirv_streams edit log otherAction noDraw
mirv_streams edit log smokeOverlayAlphaFactor 0.01
mirv_streams edit log actionFilter add “effects/overlaysmoke” noDraw
mirv_streams edit log drawviewmodel 0
mirv_streams edit log drawhud 1
これでHUDのみ、グリーンバックで出力されます.

総評

Streamsはこれ以外にもたくさんの機能があります.
まだ僕自身全容を把握していないので、分かり次第追記をしていきます.