What is HLAE ?

はじめに

top_icon_01
HLAE / Half Life Advenced Effectsとは
advancedfx.org にて配布されている有志のフリーソフトウェアです.
Counter-Strike:Global Offensive / CS:GO や Valveのゲームに対応しており、映像編集や加工に便利な機能を追加することができる外部ソフトウェア.

HLAEの機能

HLAEには様々な機能があります.
基本的には、映像制作に特化したたくさんの機能があり、とても便利です.
CS:GOにはゲーム自体に、映像出力機能が備わっていますがHLAEを介すことでより自由度が増し、簡単に、尚且つ高度が編集が可能となります.

具体的には、キルログの設定変更や表示時間の変更、特定プレイヤーのみのログ表示
深度マップの出力、武器やプレイヤーのみなど、指定したモデルのみのグリーンバック出力
機械的ではない滑らかな視点撮影、プレイヤーのカメラデータの出力・入力など.

ただ録画して映像化するなら不必要ですが高度な編集、凝った編集をする場合は必要不可欠なソフトウェアです.

ソフトをダウンロードしよう

さて、では実際にHLAEをダウンロードしてみましょう.
advancedfx.org にアクセスして、上のタブのDownloadをクリック.

hlae_info_01

2つ表示されますが、日付が新しい物を選択してください.

hlae_info_02
クリックするとダウンロードする場所にアクセス.
青色の線が、バージョン情報とアップデート日、オレンジで囲っている箇所が最新のアップデート情報です.

赤色で囲っている箇所をクリックして、ダウンロード.
ダウンロードできたら任意の場所に解答しましょう.

起動設定をしてみよう

解答したら、起動しましょう.
小さなウィンドウが表示されます.
hlae_info_03
このサイトではCS:GOに特化した記事のみを書く予定なので、CS:GOの起動設定を行います.
hlae_info_04
File -> Launch CS:GO を選択してください.

hlae_info_05

選択すると何やら色々出てきますので、ここからは各項目ごとの機能をご紹介.

Game 項目

ここにはCS:GOの.exeパスを入れてください.

Movie Making Config Parent Filder 項目

ムービー用のコンフィグを別の階層に入れたい場合はこちらにチェック.
bind設定等を重複させたくない場合、コンフィグを簡単に見たい場合など整理する場合は有効です.

Graphic Resolution 項目

解像度の設定です.
起動後も変更はできますが、最初から任意の解像度で起動したい場合はこちらで設定しましょう.

Custom Command Line Options 項目

カスタム起動設定です.
Steamの起動設定と同じものを入れておけば、特に問題はないと思います.

例: -novid -language english -high -Threads 8

注意事項

設定が終わったらLaunchをクリック、CS:GOが起動します.
当然、CS:GOをインストールした状態で、Steamを起動しておきましょう.

外部ツールを使用するので、サーバー上でのプレイはできません.
もし間違えてプレイしてしまうとVACに検知されて、アカウントがBANになる恐れがあるので注意してください.
HLAEから起動する場合は、必ずデモファイルの再生だけにとどめておきましょう!

コマンドリスト

mirv_aim
mirv_camexport / mirv_camimport
mirv_campath
mirv_cmd
mirv_deathmsg
mirv_fov
mirv_gameoverlay
mirv_input
mirv_listentities
mirv_replace_name
mirv_skip
mirv_streams