Windowsの XBOX エラー 0x406 を直す

先日からGame DSRというXboxアプリの機能があると、CSGOで画面の明るさが変更されるなど、不具合が発生していました.

CSGOの公式ブログでも
[Xbox Game DVR]
– Added a performance recommendation for Windows 10 users explaining how to disable Game DVR if it is enabled.

こんな具合で、オンになってると警告しますよ、というアップデートもされています.

自分の環境では当然初期はオンなので勝手にオンになっていたのですが
そもそもXBOXアプリが立ち上がってもエラーで入れず、どうしようもない状態でした.

0x406

日本語だと起動直後にサインインできません、と表示されてしまします.

そこで、なんとかならないかなと思ったらWindows Power Shellを使うことで解決できるとの記事があったので
日本語記事はないものの、試してみたところ無事解決したのでもし他にも困っている方がいたら参考にしてください.

Windows Power Shell

Windows PowerShell はマイクロソフトが開発した拡張可能なコマンドラインインターフェース (CLI) シェルおよびスクリプト言語である。 オブジェクト指向に基づいて設計されており、. NET Frameworkを基盤としている。

Wipkipediaより引用

ということで詳しくは分かりませんが、コマンドプロンプトの新しいやつという感じです.
powershell_search
スタートを押して Windows Powershell と入力します.
すると検索結果が出てきますので、右クリックで管理者として実行を押し、起動.

青い画面で
PS C:\Users\UserName>
と表示されればOKです.

Xboxアプリの削除

基本的にWindowsで標準装備されているアプリは消せませんが
Windows powerShellで一掃することができます.

PowerShellに以下の文を打ってください.
Get-AppxPackage *windowsstore* | Remove-AppxPackage
Get-AppxPackage *xboxapp* | Remove-AppxPackage
同時に打ってもいいのかもしれませんが個別のほうが確実性は高いと思われます.

これですでにWindowsからXboxが消え去っているので、検索してみましょう.
たぶん無いはずです!

それでは1度パソコンを再起動してください.

Xboxアプリの再インストール

Windowsアプリからインストールすると、また同じエラーに見舞われます.

そこでまたPowerShellを管理者実行しましょう.
必ず管理者で実行してください.

Get-AppxPackage -AllUsers| Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register “$($_.InstallLocation)\AppXManifest.xml”}

そしてこの1文を入れると、何やら色々作業してくれますので待ちます.
エラーみたいな赤い文字が出ても大丈夫です.

PS C:\Users\UserName>

再度入力画面が出たらPowerShellを落として、検索からXboxを起動しましょう.

完了!

どうでしょうか、ちゃんとログインできましたか?
それでは、Game DVRをオフにします.

powershell_dvr

これで解決です.
お疲れ様でした.

Windowsの XBOX エラー 0x406 を直す」への4件のフィードバック

  1. Windows PowerShell
    Copyright (C) 2016 Microsoft Corporation. All rights reserved.

    PS C:\WINDOWS\system32> Get-AppxPackage -AllUsers| Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register
    >> “$($_.InstallLocation)\AppXManifest.xml”}

    コマンド パイプライン位置 1 のコマンドレット Add-AppxPackage
    次のパラメーターに値を指定してください:
    Path: exit
    Add-AppxPackage : パス ‘C:\WINDOWS\system32\exit’ が存在しないため検出できません。
    発生場所 行:1 文字:37
    + … -AllUsers| Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register
    + ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    + CategoryInfo : ObjectNotFound: (C:\WINDOWS\system32\exit:String) [Add-AppxPackage], ItemNotFoundExcepti
    on
    + FullyQualifiedErrorId : PathNotFound,Microsoft.Windows.Appx.PackageManager.Commands.AddAppxPackageCommand

    C:\Windows\SystemApps\Microsoft.AAD.BrokerPlugin_cw5n1h2txyewy\AppXManifest.xml

    コマンド パイプライン位置 1 のコマンドレット Add-AppxPackage
    次のパラメーターに値を指定してください:
    Path:

    初めましてこんにちは。再起動後に手順通り進めようとしましたが
    パスを要求されてよくわかりませんでしたので離脱しようとexitと入力しましたが相変わらずパスを要求されて
    先に進めません。

    windowsストアアプリのインストールでユーザーデータのリストア中と表示されてインストールができない状態です。
    0x406からの検索でこちらのサイトが表示されたので試しましたがうまくいきません。

    お時間があるときにでも対応できるようでしたらお願いいたしたく思います。

    Windows10 Pro (x64)
    複数のWindowsログインアカウントがようこそ画面に存在するPCです。

  2. すみません。解釈を間違えていたようです。自己解決したかもしれません。

    Get-AppxPackage -AllUsers| Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register “$($_.InstallLocation)\AppXManifest.xml”}
    これを2回に分けて入力したためおかしな事象に陥ったようです。

    2行分をまとめてコピーして一度に貼り付けたところ無事に完了したようです。
    お騒がせし申し訳ありませんでした。

    あとはうまく動作するかチェックしてみようと思っています。

    1. windowsストアのアプリのインストールができないという症状の改善はありませんでしたが、無事にXBOXエラー0x406がなくなり
      普通にログインできるようになりましたことご報告いたします。
      ありがとうございました。

      1. 分かりにくい記事で申し訳ありません。
        無事解決したようで、嬉しい限りです。

        >windowsストアのアプリのインストールができない
        こちらはXBOXに限って僕もできないので、諦めるしか無いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です